八王子市の税理士法人をベースとした経営・税金(相続税・法人税・所得税等)・相続対策等、中小企業・不動産オーナーのための総合コンサルティンググループ

オンライン講座|税務

5.研修規定の整備

(ア)趣旨
納税者の信頼に応え、社会的責任を果たすため、税理士は自己研鑚・資質の向上を図る必要がある。

(イ)
税理士は所属する会で研修を受ける義務が課せられ、研修に関する規定が税理士会会則の絶対的記載事項とされる。

(ウ)
税務に関する専門家としての能力の維持向上が時代の要請であること。税理士会が行う研修会は従来からあった。しかし、その参加は自由とされている。納税者の信頼とは、税理士は決算・申告業務を通じて経営者と関係する。決算とは会社の経営成績・財政状態の計算である。そのことから、税理士に求められるのは、単に税務にとどまらず、経営・財務・相続対策等広い。公認会計士・CFPといった資格には毎年継続研修が求められていたが、税理士には制度としてはなかったのである。

(エ)
税法は毎年改正になる。この変化に対応していかなければならないわけで、体系的な研修制度の確立が求められよう。

(オ)
当社の場合の研修制度は、毎朝始業前30分間(午前8時20分から同50分まで)行っている。内容は、法人税・所得税・相続税にとどまらず、財務・一般教養・成功した経営者談を中心に全員でディスカッションしながら行う。実に平成8年から始め、繁忙期でも行うことにしている。それを、経営者でありリーダーでもある私自身が講師(コーディネーター)を務めている。その教材は、テープ・ビデオ・書籍・参加したセミナーの復習と多岐に亘る。これが私の事務所の最大の財産であるスタッフを育てている。これに対し、税理士会の考え方は税理士本人にとどまるのであろうか。今後の細則を待たねばなるまいが。

ページトップ
HOME
税務会計サービス
税務
戦略財務
経理代行
決算カウンセリング
コンサルティングサービス
相続
事業承継
生命保険
IT支援
業務改善
戦略人事
M&A
オンライン講座
戦略財務講座
相続対策講座
自主株対策講座
新BPR講座
戦略人事講座
年末調整とは
税理士替えた理由教えます!
フォルテッツァは、Google AppsTMの正規販売代理店として、Google AppsTM Premier Editionの販売を開始しました。