八王子市の税理士法人をベースとした経営・税金(相続税・法人税・所得税等)・相続対策等、中小企業・不動産オーナーのための総合コンサルティンググループ

オンライン講座|税務

コラム:確定申告

「商売始めましたが、三年ぐらいは潜っていても大丈夫と聞きましたが。」周りの人に聞いた結果だと言う。税務署が調査をしたり、申告についての呼び出しをしたりするのは、概ね三年ぐらい経過してからである。殆どのケースが、商売を始めてもすぐに利益が計算されるわけではない。開業当初の設備投資、売上がたいしたことのない時期、一般的には一年目から三年目ぐらいまでは利益が出ないケースの方が多い。実は、この開業当初の投資を把握することは非常に重要であり、その意味では申告することは重要なことと考える。税務署は三年ぐらい待って三年分まとめて申告させたほうが、効率が良いだけでなく、無申告加算税・延滞税も課税出来る。その意味では三年という期間は合っている。

商売を始めたら、やはり儲かっているか、お金はうまく回っているか、この点についての検討が必要である。独自に勉強して、数値を把握することが一番大事であろう。経営とは数値で表現されるものである。数字を把握できたのであれば、きちんと申告することも重要なことである。申告しなければ公的な仕事は出来ないし、金融機関も相手にしない。やはり、周りの素人の根拠のない意見に振り回されないで欲しいと思う。

土地の有効活用についても同様である。竣工当初は何かと難しい部分がある。建築費を本体・付帯工事に分け、減価償却の基礎の金額を決めなければならない。この数字は、以後の申告に重要なポイントとなる。借入金についても、その金利が前払いなのか、後払いなのか、家賃については前受けなのか、管理会社が当月分を振込んでくれるのか、処理は変わってくる。

青色申告の届出も時期を逸すると、当年のみならず翌年の適用も受けることが出来なくなってしまう。奥様と一緒に始めた商売で、奥様に対する専従者給与を必要経費に入れられないことになってしまうかもしれない。従業員を雇用したら九人までの給与であれば、半年分源泉所得税をまとめて納付できる制度もある。これも届出が必要である。

つまらないことを考えないできちんと経営状況を把握し、問題点を浮き彫りにし、事業に全力を投入することをお勧めしたい。経験も資本もある先輩たちが一生懸命働いても、キツイ時代なのである。

 


Text by 井上 得四郎

ページトップ
HOME
税務会計サービス
税務
戦略財務
経理代行
決算カウンセリング
コンサルティングサービス
相続
事業承継
生命保険
IT支援
業務改善
戦略人事
M&A
オンライン講座
戦略財務講座
相続対策講座
自主株対策講座
新BPR講座
戦略人事講座
年末調整とは
税理士替えた理由教えます!
フォルテッツァは、Google AppsTMの正規販売代理店として、Google AppsTM Premier Editionの販売を開始しました。