八王子市の税理士法人をベースとした経営・税金(相続税・法人税・所得税等)・相続対策等、中小企業・不動産オーナーのための総合コンサルティンググループ

オンライン講座|税務

はじめに

月次決算の重要性

前月までの営業成績をキチンと把握すること、その結果を把握して、当月の経営を考える。そのためには、何としても月次決算が必要です。それは、先月の試算表、つまり、貸借対照表と損益計算書及びキャッシュフロー計算書です。

経営者に必ず見ていただきたいのは、先月までの利益・お金です。儲かっているのか?儲かっていなかったら今月どのようにして利益を出すのか?利益とはすなわち未来のお金です。先月が赤字であったということは、今月か来月、資金が足りなくなるということです。必ず資金が足りなくなるということです。お金とは、回収と支払です。売掛金の回収がキチンとできているか、買掛金とのバランスは崩れていないか、この点について経営者は常に試算表で確認しなければならない。

月次決算の方法は各社違って良いと思います。どこに経営上の重点を置くかによって変わってくると思います。しかし、経営者が先月の反省をし、できれば幹部社員との経営成績についての討議が必要であると思います。

試算表の他には

・売上の分析資料 前年・計画値との対比 顧客別・商品別
・仕入の分析資料 前年・計画値との対比 仕入先別・商品別
・在庫の分析資料 前年・計画値との対比 デッドストックはないか 仕入先別・商品別
・人件費の分析資料 一人別支給実態・前年との比較 営業マンであれば売上との比率
・その他経費 前年・計画値との対比
・金融機関との取引状況 借入金・定期性預金 預貸率の計算

最低でも以上のような資料を作成する必要があります。これが月次決算です。経理事務員のいる会社であれば、こういった資料を作成させなければなりません。経営者の経営判断に必要であるからです。

この時代の決算は何としても黒字にするということが大事です。決算を黒字にするためには、やはり月次決算が重要になります。少なくとも翌月中旬には、この試算表が出来上がらなければなりません。それでは、次回より、前月が赤字であった場合の対策を考えていくことにします。

ページトップ
HOME
税務会計サービス
税務
戦略財務
経理代行
決算カウンセリング
コンサルティングサービス
相続
事業承継
生命保険
IT支援
業務改善
戦略人事
M&A
オンライン講座
戦略財務講座
相続対策講座
自主株対策講座
新BPR講座
戦略人事講座
年末調整とは
税理士替えた理由教えます!
フォルテッツァは、Google AppsTMの正規販売代理店として、Google AppsTM Premier Editionの販売を開始しました。