八王子市の税理士法人をベースとした経営・税金(相続税・法人税・所得税等)・相続対策等、中小企業・不動産オーナーのための総合コンサルティンググループ

オンライン講座|戦略財務

1.事業計画とは?

1.事業計画とは?

事業計画とは、事業の近未来を表現したもので、長期・中期・短期計画があり、長期的な計画から作成すると言われています。その経営者の長期的な計画とは、後継者に事業を承継するときの計画になるのではないでしょうか。代を超えての長期的な計画もあるでしょう。その長期的なゴール達成のために中期ではどこまで行き、今年一年という短期的なスパンではどこまで行くのか、を考える。これが事業計画です。

2.計画項目

計画すべき項目は、経営者によって異なると思います。経営に対する考え方は、経営者の数だけあるでしょうし、誰かから押し付けられるのが嫌だから経営者になっている方もいるでしょう。それでも標準的な項目はあろうかと思います。その基準として、ジャック・ウェルチの「経営で大事なことは、顧客満足度、社員満足度、そしてキャッシュフローである」という言葉は本質をとらえていると思います。

(ア)顧客

顧客に対してどういう対応を考えるか。だれが、何を、どう売るか。そのためには会社のスタッフ一人一人がどうすれば良いのか。次のような計画がそこから考えられます。いずれにしろ、お客様の顔が見える数値を計画値とすべきです。

・担当者別売上計画  
・顧客別売上計画
・商品別売上計画
・代金回収計画 ※売上計画は必ず資金に落とし込むことが大事です。
・クレーム対応

(イ)社員

社員に対してこの一年をどう考えるか。どう進歩・進化させるか、それを如何に持続させるか、が大事なことかと思います。社員に夢を持たせ、自ら判断し実践できる、これが最高の社員満足度と考えます。社員を育成すること、それは経営者の最大の仕事の1つです。

・教育研修計画
・成果の測定    ⇒成果給の検討
・スタッフ一人一人の成果分析
・給与体系の検討 ⇒満足させられる体系あるいは給与を下げることに意義のない体系か?

(ウ)キャッシュフロー

・売掛金回収計画・買掛金支払計画・固定費支払計画⇒資金繰り表作成
・本業での資金収支計画・未来に向けての投資=フリーキャッシュフローを把握
・計画値に資金不足はないか?⇒計画資金繰り表の作成

ページトップ
HOME
税務会計サービス
税務
戦略財務
経理代行
決算カウンセリング
コンサルティングサービス
相続
事業承継
生命保険
IT支援
業務改善
戦略人事
M&A
オンライン講座
戦略財務講座
相続対策講座
自主株対策講座
新BPR講座
戦略人事講座
年末調整とは
税理士替えた理由教えます!
フォルテッツァは、Google AppsTMの正規販売代理店として、Google AppsTM Premier Editionの販売を開始しました。