八王子市の税理士法人をベースとした経営・税金(相続税・法人税・所得税等)・相続対策等、中小企業・不動産オーナーのための総合コンサルティンググループ

オンライン講座|戦略財務

9.販売費及び一般管理費の読み方

9.販売費及び一般管理費の読み方

販売費及び一般管理費にもきちんとした理論によって並んでいます。この呼び名の通り、販売費がまず先に表示されます。販売費が先に表示されている理由は、変動費に該当、若しくは限りなく変動費に近い性質を持っているからです。売上との対応関係を見なければならないからです。

販売員給与 販売費
販売員賞与
販売手数料
広告宣伝費
発送配達費
役員報酬⇒必ず先頭 人件費
給与手当
賞与
法定福利費
厚生費
通勤交通費
研修教育費
減価償却費 一般管理費
地代家賃
リース料
修繕費
事務用品費
消耗品費
水道光熱費
旅費交通費
支払手数料
租税公課
接待交際費
保険料
諸会費
新聞図書費
顧問料
雑費

この例で言いますと、発送配達費までが販売費になります。販売員給与若しくは販売員賞与は歩合等が加算されるケースが多く、その意味でこれら販売費が売上総利益のすぐ下にある意味をお分かりいただけると思います。売上総利益を得るために、どの位の販売費を使ったかが分かるようになっているわけです。

一般管理費の筆頭は役員報酬です。一番大事な固定費です。次に社員の給与が来るわけです。非常に人間的に作られていると思いませんか?一般的には役員報酬は人件費に該当すると言われていますが、私は、役員報酬は人件費として社員の給与と一緒に考えてはいけないと考えます。景気が悪くなれば、一番初めに下げるのは役員でしょうし、ゼロになっている経営者もいます。役員報酬は、会社の委任契約という関係から言っても、利益配当に近い性格の費用であると考えます。

一般管理費はまず二つに分けて表示されています、一般的に「リストラは下から」と言われています。雑費などはなくても良い、会計事務所の顧問料も決算だけだったら自分の会社で作れる時代です。新聞図書もインターネットで情報を収集することが出来る時代です。簡単にリストラ出来ない、簡単にリストラしてはならないのが人件費と言えます。

ページトップ
HOME
税務会計サービス
税務
戦略財務
経理代行
決算カウンセリング
コンサルティングサービス
相続
事業承継
生命保険
IT支援
業務改善
戦略人事
M&A
オンライン講座
戦略財務講座
相続対策講座
自主株対策講座
新BPR講座
戦略人事講座
年末調整とは
税理士替えた理由教えます!
フォルテッツァは、Google AppsTMの正規販売代理店として、Google AppsTM Premier Editionの販売を開始しました。