八王子市の税理士法人をベースとした経営・税金(相続税・法人税・所得税等)・相続対策等、中小企業・不動産オーナーのための総合コンサルティンググループ

オンライン講座|戦略財務

18.売上計画の考え方(3)

売上計画の考え方(3)

(ウ)数量とは何か

数量について考えますと、沢山の把握の仕方が考えられます。策定については過去のデータをもとに検討します。

商品別売上数量
担当者別売上数量
部課別売上数量
粗利益別売上数量
店舗別売上数量
ルート別売上数量

これらは、月単位で考えるか、年間計画値を季節変動指数にて各月に配分するのか、具体性を追及すると月単位にならざるを得ないと思われます。先述の飲食店ではランチの数に拘っています。大変おいしいランチです。千円でコーヒー付き、今の時代のランチ千円というと高い方です。その高い価格を維持していることは、素晴らしいことに違いありません。

(エ)単価とは何か

定価のある商品の場合には必要ないかもしれません。

商品別売上単価
平均単価
客単価

(オ)回収計画

得意先ごとの締め日で把握する
得意先ごとの回収日で把握する

12.仕入計画の考え方
売上計画が決まると、仕入計画は決まったようなものです。特に商品ごとに計画したのであれば、原価を集計していけば良いですし、粗利益率別に売上を計画したのであれば、これも容易かと思われます。

(ア)商品別仕入・原価及び率
(イ)適正在庫計画
(ウ)支払計画

ページトップ
HOME
税務会計サービス
税務
戦略財務
経理代行
決算カウンセリング
コンサルティングサービス
相続
事業承継
生命保険
IT支援
業務改善
戦略人事
M&A
オンライン講座
戦略財務講座
相続対策講座
自主株対策講座
新BPR講座
戦略人事講座
年末調整とは
税理士替えた理由教えます!
フォルテッツァは、Google AppsTMの正規販売代理店として、Google AppsTM Premier Editionの販売を開始しました。