八王子市の税理士法人をベースとした経営・税金(相続税・法人税・所得税等)・相続対策等、中小企業・不動産オーナーのための総合コンサルティンググループ

オンライン講座|相続

相続とは?

相続とは自然人の死亡をいい、その故人の財産を相続人が引き継ぐことを言います。相続開始とは死亡を意味します。日本の民法が平等相続となったのは戦後のことで、戦前は家督制と呼ばれる、長男が全ての財産を相続する制度でした。民主主義思想の相続への適用であります。このことが兄弟姉妹全員に同じ権利を与えることとなり、そこから争う一族=争族という言葉が発生してきたように思います。

京都にJRMという損保の代理店があります。その創設者である竹内巌氏は、日本の営業職員さんの集まりである外務員協会を立ち上げた方です。当時明治生命に在職していた時ですが、この法律改正をビジネスチャンスと捉え、生保を販売したそうです。長男に財産の殆どを相続させることは農家にとって大事なことで、この法律どおり財産(不動産)が分散していったら農業は成り立たない、他の相続人に対しては、生命保険金を財源にして現金を相続させる、という提案内容であったそうです。

相続対策とは、なぜ必要なのか

機^篁妻割

  1. 相続は必ずもめると言われています。遺産分割は実印の押印と印鑑証明、住民票、戸籍謄本が必要ですから、合意出来なければ分けられないということになります。何年も、財産が分割できず裁判が続いているケースを考えると、相続対策とは“もめない”ための対策と考えられます。相続税対策に走り、本質を見逃し、もめてしまった例も少なくないと思われます。
  2. 一般的に、この遺産分割の協議(話し合い)は、49日の法要が終わった頃と言われています。お通夜の席で遺産分割の議論が持ち上がる例もあるようですが、他の通夜客がいるとしたら、あまり見栄えの良いものではありません。
  3. 遺言書がある場合には、遺言書による分割が出来ます。ただし、法定相続分の半分については、「遺留分の減殺請求」が可能であり、遺言書があればもめないということは言えません。しかし遺言書は故人の最後の意志と言われていますから、それを無視することもナンセンスかと思われます。
  4. 「(亡くなったお父さんと一緒に住んでいた)お兄ちゃんは、お父さんを騙してこの遺言書を書かせたのではないの?」というもめ事は、珍しくありません。出来れば生前、正月・お盆等でみんなが集まった席で、遺言書の話をして合意を得られれば良いと思います。
  5. 遺産分割を納得できるようにする為には、前述の生命保険金を活用のほか、新たに不動産を購入する必要もあるかもしれません。


メール相談・面談予約

企業経営・業務改善・事業承継...まずは、ご相談ください。私たちができる最善をご提案します。

フォルテッツァグループ独自のノウハウ・ネットワークで企業経営におけるお客様のお悩みや問題をひとつの窓口で解決するワンストップサービスを提供します。

042-621-1261(受付:月〜金 9:00〜17:00)
メールでのご相談、面談予約はこちらから
〒192-0903 東京都八王子市万町2-2  FAX:042-621-0690

フォルテッツァグループの出版物

そっかー!決算書がわかった

そっかー!決算書がわかった『保険情報』に連載をしてきた「素人のための中小......

  • 詳細はこちら
決算カウンセリングで会社の問題点が見えてきます。
株式会社フォルテッツァは、Google AppsTM の正規販売代理店です
ページトップ
HOME
税務会計サービス
税務
戦略財務
経理代行
決算カウンセリング
コンサルティングサービス
相続
事業承継
生命保険
IT支援
業務改善
戦略人事
M&A
オンライン講座
戦略財務講座
相続対策講座
自主株対策講座
新BPR講座
戦略人事講座
年末調整とは
税理士替えた理由教えます!
フォルテッツァは、Google AppsTMの正規販売代理店として、Google AppsTM Premier Editionの販売を開始しました。