八王子市の税理士法人をベースとした経営・税金(相続税・法人税・所得税等)・相続対策等、中小企業・不動産オーナーのための総合コンサルティンググループ

オンライン講座|相続

相続時精算課税制度のメリットとデメリット



相続時精算課税制度のメリット

  • 生前に財産を移転することが出来る → 生前に遺産分割ができる
  • 親の眠っている資金を子等に贈与することによって、住宅購入等資金を生きたものとして活用することができる
  • 相続対策にも場合によっては有効

相続時精算課税制度を利用した場合、贈与した財産は”贈与した時点”での評価となります。したがって、相続が発生した時点より、贈与した時点の方が安いような財産、もしくは、贈与した後に多くの利益を生むような財産の贈与は有効な相続対策として活用できます。

<贈与した方がメリットのある財産の例>

  • 成長している自分の会社の株式(自社株)
  • 多くの利益をあげている不動産

例えば自社株の場合
贈与時:3,000万円→相続時:5,000万円
評価は上がっていても贈与時の3,000万円で評価して良い!

相続時精算課税制度のデメリット
先程のメリットとは逆に、相続時の方が贈与時よりも評価が下がってしまうような財産(例えば自宅の建物)の贈与。
例えば自宅建物の場合

贈与時:3,000万円→相続時:1,000万円
評価は下がっていても贈与時の3,000万円で評価しなければならない!

ただし、そもそも相続税がかからない方であれば、何の問題もありません。贈与時の評価額が相続時の評価額よりも高かろうが安かろうが、相続税自体がかからなければ関係ないからです。



結論

相続時精算課税制度は、
相続税のかからない方には、非常にメリットが大きい
相続対策としては、将来財産価値が上がりそうな財産を贈与するのが良い
争族対策として、事前に財産の分割ができる

ページトップ
HOME
税務会計サービス
税務
戦略財務
経理代行
決算カウンセリング
コンサルティングサービス
相続
事業承継
生命保険
IT支援
業務改善
戦略人事
M&A
オンライン講座
戦略財務講座
相続対策講座
自主株対策講座
新BPR講座
戦略人事講座
年末調整とは
税理士替えた理由教えます!
フォルテッツァは、Google AppsTMの正規販売代理店として、Google AppsTM Premier Editionの販売を開始しました。