八王子市の税理士法人をベースとした経営・税金(相続税・法人税・所得税等)・相続対策等、中小企業・不動産オーナーのための総合コンサルティンググループ

オンライン講座|相続

相続対策(1)|遺産分割のポイント

遺産分割のポイント
(ア)遺産分割で2次相続の税金が違う
(イ)小規模宅地の評価減

相続対策
(ア)資産の分析 長期保有に耐えられるか

  1. 資産を評価する
  2. 相続税を計算する
  3. 各資産に相続税を配分する
  4. 各資産が相続税を支払えるかの検討
長期保有可能性の判断
評価額 各資産に配分 配分相続税 収入金額 支出金額 差引 延納額 +or−
財産A ××
財産B ××
財産C ××
財産D ××
財産E ××
合計 ○○○
相続税の計算
相続税の総額

各資産の評価額を計算します。相続税はその合計に対して基礎控除した金額を元に計算します。

次にその相続税の総額を各資産の評価額を元に按分します。その按分された相続税を延納したと仮定した場合の年間支払額を計算します。上図の右から二行目の「延納額」がそれです。つまり、家賃収入から支出金額を控除した残りの金額から、この相続税の延納額を支払可能であれば、長期的に所有することが出来るという計算になります。

この中には当然自宅が入るわけですが、自宅については収益性がありませんので、他の収入から支払えなければ維持できません。

ページトップ
HOME
税務会計サービス
税務
戦略財務
経理代行
決算カウンセリング
コンサルティングサービス
相続
事業承継
生命保険
IT支援
業務改善
戦略人事
M&A
オンライン講座
戦略財務講座
相続対策講座
自主株対策講座
新BPR講座
戦略人事講座
年末調整とは
税理士替えた理由教えます!
フォルテッツァは、Google AppsTMの正規販売代理店として、Google AppsTM Premier Editionの販売を開始しました。