八王子市の税理士法人をベースとした経営・税金(相続税・法人税・所得税等)・相続対策等、中小企業・不動産オーナーのための総合コンサルティンググループ

オンライン講座|相続

相続対策(6)|相続と生命保険

相続対策(6)

(カ)贈与には生命保険契約のほうが適している

贈与は「もらった」という事実 しかし預金は消費していないということになりますと、本当に贈与したのかということになります。そこで生命保険契約が非常に便利な贈与商品ということになります。生命保険料という形式で消費しています。

\弧進欷鰻戚鵑蓮∋劼匹發契約者になり、被保険者も満期保険金の受取人も子どもにする。月払いよりも年払の方が利回りを考えた場合には、当然良いと考えられます。この保険契約は、おじいちゃんに万が一のことがあった場合には、解約して相続税を支払う財源に考えます。その意味では大きな保障ではなく、解約した場合に損のない商品が良いと考えます。

∋劼匹發契約者になり、被保険者をおじいちゃんにし、死亡保険金及び満期保険金の受取人を子どもにする場合も考えられます。万が一の場合に保険金となる場合です。おじいちゃんが比較的若く、生命保険に加入できる場合にはこのケースも検討の必要があります。この保険金の課税関係は一時所得になります。

K菁、子ども名義の通帳に年間の保険料相当額を振り込む(印鑑等については、前述のとおり)おじいちゃんの口座から出て、子どもの口座に入金になり、そこから保険料が自動振替される、その跡を残すようにするのがポイントです。相続税の税務調査は、通帳の分析があります。おじいちゃんの口座から出金したお金がどこに行っているのか、その調査です。その意味では跡を残した方が調査も簡単になります。

い修陵其眥鳴△ら生命保険料が自動振替される

ニ菁、その贈与された保険料相当額の、贈与税の申告をする

ページトップ
HOME
税務会計サービス
税務
戦略財務
経理代行
決算カウンセリング
コンサルティングサービス
相続
事業承継
生命保険
IT支援
業務改善
戦略人事
M&A
オンライン講座
戦略財務講座
相続対策講座
自主株対策講座
新BPR講座
戦略人事講座
年末調整とは
税理士替えた理由教えます!
フォルテッツァは、Google AppsTMの正規販売代理店として、Google AppsTM Premier Editionの販売を開始しました。